時空・北ツアー20170112

二、三にち前から世間を賑わしている、今年最大の大寒波がいよいよやってくる。


噂どおり、やって来た。

音も無くやって来た。


窓の外、いつの間にかアレになってた。

・・・・・・・・・・・・・・・・
時空兄弟・大津真、東北新幹線、福島駅に到着。


その頃、山の中のわたしたちは アレやらソレやらで大変で、

とにかく下におりることができない。

何回も何回も雪かきして家脱出したところで、

アイスバーンで通行止め箇所ができ、

ひたすら歩く。


何度も転倒しながら たどり着いたところに、

一台の 後部座席の窓が大破された、かろうじて白い軽自動車…ひとよんで、<オカチグルマ>あるいはが 真っ白な雪の中にうずくまっていた。


・・・朝方、老女が水止め解除しに行くところをつい手伝ってしまい、車ごと滑って何度も回転して大型の除雪車に体当たりしてしまったらしい。

・・真っ白な雪に覆われた<オカチグルマ>は 真新しい新車に見えないこともない、なんて美しい白色カー!
とにかく、駅で待っている時空兄弟を迎えに行かねば、と、

アクセル強く踏んで new<オカチグルマ>を雪から出し、

ハンドルを強く握った。




ハンドルは、ハンドルではなかった。

真っ直ぐ走ろうとハンドル真っ直ぐにしても、

ハンドルは 気が狂っていて、

あちこちにタイヤがぶれてしまい、

しかし車を止めようにも

何もかも景色は真っ白で
ホワイトアウトで


しかも横に車を止めようにも ハンドルがゆうことをきかないので

気の狂ったハンドルを なだめるように どうかゆうことききますように いいこだから いいこだから おまえはいいこだから ひゃくえんあげるから おねがいだから…

と念力かけながら、

いつもなら10分でおりることができる山を二時間かけておりた。



気がつけば、



わたしが気が狂っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
廃車。



決定。


代車で時空兄弟を迎えに行った。

待ちに待った兄弟は無事だった。


なによりそれが嬉しかった。

気が動転しているわたしは、

兄弟に会えて


やたら嬉しかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
兄弟も ギターを背負って 通行止め箇所を歩く。


もう日も暮れて真っ暗だ。

兄弟は、10回滑って、

そのたびにギターをゴンゴンぶつけてた。



だんだん楽しくなってきた♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は 明日からのツアーのリハーサル日。

薪ストーブに火を点けて、

ギターアンプにスイッチ入れて、
音出す。



本日の音だった。


外はしんしんとしんしんとしんしんと音をたてて


アレが舞っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オカチグルマも
ゴミ収集車も
クロネコヤマトも
大津真も

本日はよく滑った。


滑った分だけ 笑いが絶えない夜の宴会。




とにかく誰も死なずケガすることもなく、

よかったのだ。





しんしんと
しんしんと
しんしんと
しんしんと
しんしんと




騙されないように気をつけよう☆
[PR]

by madam-guitar | 2017-01-18 13:44  

<< 時空・仙台20170113 会津20170107 >>