時空・福島20170114

仙台宿泊。

雪もなく平和ぬな仙台、すぐに脱出して福島へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東北道。


あいかわらず 国見あたりだけ おとぎの国だった。

昼前に福島着いた。

どうしても アソコのラーメンが食べたくなり、兄弟にも食べさせたい…が、人気だから並ぶの覚悟してね

と、息巻いて新車走らす。



お♪

・・並んでいない、空いている♪


と思いきや、

<体調不良のためお休みさせていただきます>


手書きの貼り紙。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
父のアイデアで 白河ラーメンの店へ行く。

・・滑り込みで席あり♪


そのあとは続々と客が来る、まさかの人気店。


手打ち麺、あっさりスープもよし♪

・・ワンタンが雲のように薄い♪、これ なおこさんがいちばんすきなやつ!

と、兄弟は若干声のトーンを歪ませながら


ウインウインと 箸で麺をもて遊んでいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
山へ上がる。

薪ストーブに点火、珈琲入れつつ 家族で今夜の作戦会議。

今夜、深夜は雪がどれくらい降るのであろうか…考えたところで誰もわからないまま、窓の外、降る雪を見つめる。

会議は何も決まらないまま、時間だけが過ぎてゆく。


途中、風呂入ったり昼寝したり…

だんだんと降りは強くなっているようだ。


突然、父が決定判断をくだした。

・・今夜は 家へは帰れない。下に宿泊しよう。

・・代行を頼んだところで この雪じゃあ 断られるであろう。

・・アラーの神もそう言っておられる。

・・薪ストーブの火はそのままでよいぞ、火鉢は自然に消える。



・・雪は自然に、



・・止む?


・・いや、



・・今夜は・・・止まない。


・・さあ、出発じゃ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家族は山をおり、本日の現場<アズスーンアズ>を目指した。


・・暗くなる前に山を下りるのじゃ。


・・・ジャー。(弟)


・・・・・jar。(兄)

・・・・・・・・・・・・・・・
今夜はとことん寒い、今回の世紀の大寒波のハイライトだ。


・・・兄ちゃん、寒いよ。


・・・じいちゃん、早く、早く、



・・・焼き鳥やに行きたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
兄は、


ウインウインと、レバーを操縦した。


・・上手い、レバー旨い♪

・・・お湯割りもう一杯、半分こだね。

・・それでしめよう。


・・・現場いかなきゃね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寒い。

焼き鳥やから現場まで、100メートル


死にそうに寒かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アズスーンアズにて 恒例のイベント。

昨年は 大風邪ひいて 打ち上げで倒れた、今年はリベンジのはずが大雪。


もはや、だれのせいでもない。



そう、だれも悪くないのだ。


ウインウインと、わたしは見えないレバーを操縦した。



見えない願いをかけながら。

そこに家族がいるから、

わたしは生まれ生きてこれた。

アラーもジャーも仏もキリストもぶっ飛ぶような強い引力で結びついている、

家族

兄弟


・・・何も怖くないよ。


・・・すべてが 目の前が



真っ白だよ。


父さん、


兄さん、


ありがとう


まだ目の前が真っ白だよ



死んで




ないよ。



寒いよ、感じているよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外は大雪、大寒波。

打ち上げは 恒例のもつ焼きや。
皆で入った。

タイムカプセルに入るように皆で入った。


家族も鳥もジプシーもともだちも殿下も豚も鰤も順番に入ったさ♪

狭い扉に仲良く順番に入ったんだ。

真っ白だったね。


みんな生きてたけど、


とにかく真っ白だったね。


レバー、美味しいね、ポテトサラダも。

タイムカプセルの中でも 歪んでいない時間をキャッチして、


・・・5、4、3、2、 1、



ハッピバ〜スデ トゥ〜 ユ〜〜


ディア じょにい〜〜〜


シャンパンを開けた。


なまずていマスターじょにい、誕生日おめでとう!!!!!

タイムカプセルの中、


しばし時間は無くなり、



一瞬にして凍った、しんとしたシアワセだけがそこにあった。

・・・・・・・・・・・・・・
時間が薄くなっていく。

やたらに薄くなっていく。

薄くなって薄くなって


パキンと割れる、・・・



割れるやしない!

割れや・・

我ら、時空家族!



一緒に寝よう。
[PR]

by madam-guitar | 2017-01-18 16:00  

<< 時空・いわき20170115 時空・仙台20170113 >>