<   2009年 10月 ( 47 )   > この月の画像一覧

 

五行ほど日記

大阪、満員御礼ありがとう〜明日もまた来てね。あたしはこれからひとりで街へ繰り出すのさ。キモチ納まらないのよ。ゴー。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-31 23:37  

五行ほど日記

来年のラッキイカラーは白なので白い手帖購入。H4nHandyRecorders購入。電車人身事故90分待。四ツ谷で打ち合わせ。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-30 23:55  

五行ほど日記

早朝曲作り。夕方吉祥寺ライブ酒場のろ、今月閉店とのことで吾妻夫妻と飲みにいく。今日もいろんな人達に出会って飲んで笑った。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-30 00:32  

五行ほど日記

ハナレグミ武道館にゲスト出演。ナガ(ヅ)ミタカシアイシテル。タクシー帰り車中にて。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-29 04:04  

五行ほど日記

移転したPバインレコードサマ訪問。その足で映画「アンナと過ごした四日間」見にいく。運動を始めたいが何がいいだろうか。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-28 00:03  

The酒場2009 9/26 FileNo.50「静岡富士宮ルーツ&フルーツ」

ピーヒャラピーヒャラ
ヒャラヒョローピー
ピー パリラリ ピー ピー
ヒャラロロ ピー ロロ

今年も秋祭りの季節だ。
あ~、今年も祭りで踊り狂いたい。
ビートで頭狂いたい。

富士宮ルーツ&フルーツ。週末になると、飲みにやって来る常連客で賑わうこの店で今夜はライブ。

その対面の一軒家から聞こえてくる笛の音。

ここ富士宮の浅間神社の祭り稽古もピークに達しているようだ。

この浅間神社の祭りは、笛太鼓のチームが幾つかあって、そのチームどおし、競い合うのだ。

・・どうやって?

各チームのビートを狂わせた方が勝ち。狂わされた方が負け。

ほほお、面白そう。

まもなくライブ始まるけど、
まだ稽古の音がしているわ。

ピー ピーラ ラピー
ヒャラヒャラリ
パッ パッ ラリラン
ララ~

いかん、負けそうだ。

・・・・・・・・・

いろんなことを考える。
頭でいろんなこと考える。シッパイしたらどうしよう、とか、
オッパイとれたらどうしよう、とか、
オッパイの先っポ見えたらどうしよう、とか、

あ~、スイマセン、

・・イッパイ考えるわたくしたちではございますが、
アタマオカシクなりたいのでございます。

ビート様。

あなた様には、ヒトを狂わす力がおありでございます。

あ~、あたしも戦いたい。
踊り狂って、
必死になって、
ヤキソバ放り投げて、
アイツを引っぱたきたい、それでも笑って、
笑い転げる、

祭りだ祭りだ~

・・・

まもなく止んでしまう祭りの笛太鼓。

完全に止まないうちに、

コドモは寝かせてしまいましょうね。

いい夢見るのだ。

・・まだやっている。

あたしはライブ終わっちゃったよ。

・・まだ聞こえるなあ。

頑張ってるなあ。

狂いたい。

・・・・・・・・

打ち上げはひっそりと行われた。
あたしは、ワインを赤白交互に飲み、
マスターは富士宮ヤキソバの麺で、ペペロンチーノを作ってくれた。

厚木から来てくれたガラボ女社長は気がつきゃあたしと同じ酒量、もしくは上回るほど、

酒を浴びていた。

ピンヒャラヒャラピーヒャラヒャラピー

Let’s DANCE!

ビートよろしく。

あ、ドキドキしてきた。
この胸のときめき。
さ~、これから。
ドキドキは、
ドキドキドキドキは、
な~んてステキなビートなんでしょう。

ありがとう、富士宮。

・・・今夜もまた、明日もまた。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-27 09:37  

The酒場2009 9/25 File No49.「静岡UHU」

その日の出番は 21時からです、 と言われた。

その前に3バンド演奏します、と。

何時まででもいいです、いくらでも演奏してください、と言われた。

・・そう言われても。

あたしは、カエル柄の曲順ノオトにかいた本日の曲順に大きくバッテン を し、
飲み屋に繰り出した。

・・・・・・・・・

と、いっても店のすぐ隣りの居酒屋に入った。
よさ気な居酒屋数あれど、今日は、肩寄せあって焼鳥つつく店よりも、
肩が寄らない広い店がよかった。
そして、なんてゆうか、多いなる矛盾ではあるが、
アルコール臭くない店がよかった。
多少値段高いかなと思ったが、敢えて高級っぽい居酒屋を選んでみた。

ひとりだし。

そんな食わん。

曲順決め直したかった。

・・・・・・・・・

A.
1、タイランド
2、As time goes byby
3、ハナウタ
4、暴走族のボレロ
5、アラバマソング
6、メリーゴーランドの唄

B.
1、中年
2、ラッキイ
3、サラリーマンの唄
4、ジンライムのような月~一家離散の唄
5、最果てのライブハウス
6、舟唄

を、やめて、

1、わかってるのかなあ
2、ハナウタ
3、As time goes bybyのby
4、ボレロ
5、中年
6、メリーゴーランド
7、サラリーマン
8、ラッキー
9、ジン~離散
10、舟唄
11、最果てのライブハウス12、SM東京

と、かいてみた。

一品だけ頼んだつまみは高級魚、アジの干物だった。それをつつきながら、たぶん国産のレモンサワーを飲み、突き出しのカレーマヨネーズポテトを大事に食べた。

このカエル柄の曲順ノオトはともだちのSさんからいただいたもので、
Sさんからいただくものは、すべてあたしの心をわしづかみにし、

今日も思い出している。

「たぶん国産レモンサワー」のお代わり。

・・・・・・・・・

曲順は、変更してよかった。
少ないお客さまだったが、ほとんどの方がCDを買って帰ってくれた。

3バンド、いや、3人の弾き語りは、

みんな二十歳で、

すごくギターがうまかった。

音楽をやることで救われいるのだそうで、

よかったな、と思った。

マスターが、店は閉めちゃうけど飲みに繰り出しましょう、と誘ってくれたが、
少し元気がなくて、

ホテルに帰ることにした。
UHUはとてもいい店だから、また来たい と思った。

来年は四十八歳だなあ。

・・すっげえ大きい。

・・・・・・・・

ゆっくり風呂に入った。

「わかってるのかなあ」をいちばん最初に唄うのは初めてだった。

あの唄は、来たるべき、弾き語りで唄いたいために作ったが唄。

ちょっとフォークシンガーになりたかった。

でも、フォークシンガーって言われるとフォークシンガーってのが嫌になる。

風呂の中で唄ううた は自分のじゃなくてヒトの唄がいい。

ジブンのは、

どうもムツかしい。

今度、ジブンが風呂の中で唄えるキモチいい唄を作ろう。

作ってるうちからキモチよくなっちゃったりして~

ハイな気分で作るの さ。

ゴキゲンな唄 を。

風呂の湯止めるの忘れちゃうくらい夢中になって作るの さ。

それで、弾き語り じゃもの足りなくなって、

みんなで演奏するんだ。

客は月や虫でイイぞ。

みんなで演奏すれば、

楽しいに決まってるんだ。
コレで決まり。

・・・今夜もまた、明日もまた。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-27 09:28  

五行ほど日記

冷雨。昼から夜世田谷でリハーサル。あ〜あさってめちゃ楽しみ。ひとり居酒屋。冷やおろしと刺身。あ〜キモチよくて店でもう寝よう。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-26 22:09  

The酒場20099/13FileNo.48「群馬館林さぼ~る」

当然、夜はすぐ来るのであった。
気を利かせて予約してくれたホテルはツインルームで、誰かを連れ込むという発想はまるでなく、どうせなら、と、昼用夜用と分けて使おうか と考えたら、あっけなく夜が来てしまって、もう吐くものもないし、どちらかと言えば、吐くための注入をする時間だ。

夜の女 か。

食欲性欲睡眠欲。

眠らなかったら死んじゃうし食わなかったら死んじゃう。

セックス我慢したら死んじゃうのかな。

なんだろ?性欲って。

養老の瀧行って考える か。

・・・・・・・・・

養老の瀧館林店見つけたので入った。

逃避欲。

逃げたい死にたい夢見たい。

アルコール麻薬麻酔チョコレイト。

・・ブログ、だれに見てもらいたいの?

脱ぎ欲。

ふたりきりで裸なんてイヤ、みんなで、そう、みんなで、隠しっこなしよ、化粧もなし、ははは、みんなマヌケ、ビジンもエラかない。

スピード欲。

早く酔いたい、早く、早く。

壁にシミがいっぱいある。イカを焼く匂い。
チーズの焦げた香り。
試供品で浸けた香水の臭い。

へんに酔った。

・・・・・・・・・

さぼ~るは、完全居酒屋。店内に入ると、すでに酔客でいっぱいだった。

危険なのは、

お客が全員ボクサーだということだ。

・・その目はあたしだけを見てる。


よし、

唄う。

・・・・・・・・・

ライブが終わって、何事もなかったかのように、さぼ~るは街のカラオケ酒場に戻った。

工場勤めの歯の欠けたおっちゃんが腰を低くして、ものすごい早さであらゆる踊りを踊りながらロケンロウルを唄って、ふらふらしながら元の席に戻っていった。

亡くなったギターウルフの高校の時のバンド仲間が、あいつは完全に遊びきった、といい笑顔で話した。

常連客のオンナがものすごい高音で戸川純を唄った。
あたしは、ライブで唄わなかった舟歌をカラオケで唄った。

普通の客として拍手をもらった。

さっきの歯の欠けたおっちゃんが、さっきよりすごいスピードで、さっきよりもっとへんな踊りで股間をモミながらサザンを唄った。
・・あのおっさん、ほとんど歯、ないですから。

・・毎回、転んで帰るんです。毎回、歯、欠けてます。

おっちゃんは、あたしのライブ見ていない。

そんなことより、早く唄いたかったのだ。

早く、早く、唄い切って、
・・・夢の中へ。

・・・・・・・・・

翌日、あたしは、主催者と一緒にうどんやへいって、館林の地酒を飲みながら、なまずのテンプラとうどんを食べた。付き出しに小さな干菓子が出た。

「彼岸花、見にいきたい。」

うどんやのおばさまが、群集している所を教えてくれた。

・・「咲いてますかしらねぇ。」

・・・・・・・・・

軽く酔った。
晴天だった。
川が流れている公園へいった。

「あ、ヒガンバナ。」

咲いていた。
群集ではないけれど。
少し咲いていた。

「マダム、写真 撮りましょうか。」

・・「いいえ。」

天気いいので少し歩いた。小さな橋を渡った。

「実は ボクもね、・・・。」

「・・ボクサーでした。」
「よく、この川っぺり、走ってました。」

「あれ、あそこに見えるのが、向井千秋記念館で、・・。」


竜巻。
彼岸花。
向井千秋。
うどん。
落雁。
ボクサー。

群馬県館林市。

・・・今夜もまた、明日もまた。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-26 10:19  

五行ほど日記

今日はずっと布団の中で携帯でエッセイ文を打つことに挑戦してみました。写真はあとで載せようと思います。
[PR]

by madam-guitar | 2009-10-25 23:51