<   2011年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 

東京20110429

家に居てもポ〜っと考えるだけなので、

午後3じ、

目的もなく歩いてみた。

・・散歩ってやつですな。

近所の地区センターいって雑誌などを読み、

また目的なく別方向へ歩いた。

八百屋を覗いたり

コーヒー豆屋の値段見たり

T急ストアが見えたので、野菜売り場を少しヒヤかし、

螺旋状のエスカレーターで二階に上がって

町の本売り場ヒヤかす。

・・本屋を、久しぶり に。

文芸書コーナーに、

どこかで聞いたことのある響きのタイトル本があって、

・・・ヤノマミ?


? ?


・・あ、ヤノマミだ!

・・2年くらい前だったかなあ、

・・「見たいテレビ番組あるんだ。ヤノマミ っていってね、アマゾン奥地の森の中に住むヤノマミ族のルポ さ。」

・・相当キョーミあるのだろう、目をランランさせてしゃべる夫。

・・彼は 牛山純一 という、世界の奥地の民族を追い掛けるオトコのテレビ番組が大好きで、ビデオに録画しては酒飲みながらケッコン当初 一緒によく見ていたのだ。


・・久しぶりに面白そ〜なの見つけた ってかんじだった な。

で、

酒飲みながらテレビ 見ました。

思い出すのは、

ほとんど闇ばかりの映像で、

しかし その闇が なんていうか 液晶テレビやデジカメみたいな明るさ とは違う、

明るさ の光を放っていたのです。

当時、アンテナの調子悪い福島の山でアナログテレビでしたけど、


その闇だらけの しんとした美しい映像をよく覚えています。



本を手にとって、

その集落で150日間同居生活したという、

著者の略歴を見ると、

自分と同年代 で、

出身が 宮城県。


そのまま 買いました。



夕方の公園は、

子供たちでいっぱい。

おとうさんとサッカー、

・・あ、GW か。

ベンチが空いていたので、
座って本を開きました。

風がきもちよく、

新緑が輝いてるなか、

読みました。


ヤノマミは、

ヒト、動物、生、死、精霊、天、地、すべてがひとつの大きな空間の中で一体となっていて、

そこには 優劣、善悪、主従 がなく、

ただ 「ある」ものとして繋がっているのです。

読みながら、あの 闇の映像を思い出し・・

・・あ、そうか、ヤノマミは闇の中で、

ヒソヒソ話をし、

セックスをし、

出産をし、

生まれてきた赤ちゃんをニンゲン(ヤノマミ)として育てるか 精霊として天に返すか


母がひとりで 何も語らず 決める のだ。


「命」を巡る決断 だ。

その決断は、

習慣 伝統 経済 といった理由ではなく、

・・森の摂理


というところで判断するのだ。


少し 寒くなってきたので、

家へ 帰る。


・・あのテレビ番組、

・・液晶テレビで見なくてよかったなあ。



また本を開く。

窓から見える景色は もうじき暮れる日常。


なんだか 眠くなってきて、

本は開いたまま 眠ってしまった。



・・ヤノマミは ひとつの言葉を何度も繰り返してしゃべる。

・・ヤノマミは 認められないものは認めない。

・・ヤノマミは ヤノマミ以外のニンゲンを ナプ と呼ぶ。

・・敵か? 味方か?

・・敵 だと思ったら ナプ を繰り返してしゃべる。

・・味方だと判断したら 少し笑う。

・・敵だと思ったらコロす。



・・・受け入れられないものは受け入れられないのだ。

・・なんでも納得してたまるか。


・・キライなやつはキライさ〜♪


・・スカれたかったら、

・・ジブンで 考えなさい な。なぜキラわれてるか を。


・・・ね♪ヤノマミさん。

・・「隣人をアイしなさい。」なんて宗教、


・・ありゃ すばらしい教えだけど、

・・少しガンばらないと


・・・ムツかしいわね〜
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-30 10:38  

世田谷20110428

長袖では少し汗ばむ陽気。
5月8日に 渋谷のドレス というバーでライブ共演するギタリスト、大津真邸へ行く。

ハムとレバーペーストとライ麦パンと赤ワイン持って。

世田谷線に乗って 松原駅で下車して 世田谷を歩く。

のどかな家並が続く一本道、

遠くで小さく手を降る大津さん。

彼は 学生時代の音楽サークルの先輩で、

バブル当時の最先端のオンガクを奏でていた。

・・それは ふとしたキッカケで、

25年ぶりぐらいに会い、

このたび 初共演することになりました。

やわらかな陽が射す 大津邸のスタジオでリハーサルして、

・・夜になった。

パートナーの江藤直子さんはピアニストでありアレンジャーで、

大友良英さんの音楽のアレンジャーでもあり、

3月11日は その大友さんのレコーディングで、

スタジオには かわいしのぶちゃんもいて、

ユラユラみんなで揺れた〜なんて話しも聞きつつ、

直子さんの作ってくれた、ムフフ、春のすばらし〜いメニュー(オーブン料理中心に、シメはタケノコ御飯だぜ。)で、

・・かんぱ〜い。

あたしの夫も呼んで、

スィ〜ツを持って あらわれて、

・・四人でまたかんぱい。

お二人は フクシマのこと、いっぱいシンパイしてくれて、

いや、フクシマだけでなく、

この事態のことを それはそれはよく考えていて、

話しを聞くのに夢中でした。

・・そして、こうやって 笑いながら、酒を飲めることのシャ〜ワセ。


ずっと思ってたことですが、

なぜ、オンガクは お金になりうるのだ? ということです。

・・ま、原点の話しではありますが。

しかしながら貨幣経済になってしまったこの歴史のなか、

オンガクでメシを食っていこうと覚悟した者には、

食っていけるだけの、

最低限の保障があって、

そのビンボー生活覚悟した者だけが、

オンガクで 生活できる!・・

・・なんてね。


・・オンガクでカネモウケしてはいけません!

・・なんて ホーリツ作って・・


だいたい オンガクで曲ヒットしてカネガバガバもらって、

オンガクスターはスターでカネの使い道ないから豪邸建てちゃって、

カネモウケの管理しなきゃならないからそれでまたオンガクのケイザイができちゃって、

・・やっぱり おかしいのだ。


どうやったらヒットするのか
どうしたらCD売れるのか
どうすれば人気でるのか


・・なんて 考える時代は もう壊さなくてはならないかもしれません。


「オンガクのチカラ持ってるヒトはスバラシイ。」
「美しいメロディー作ったヒトはスバラシイ。」
「ヒトのココロにスィっと入る唄を唄うヒトはスバラシイ。」
「タイコ叩くのがスキでスキでスキでしょうがないヒトはスバラシイ。」


・・ただそうゆうことだけでいいんじゃないか って思います。

チンチン電車こと、世田谷線最終電車に乗ったら、

プロジェクト福島が ますますスゴいことになりそうで、

ああ、

少し あたしが日ごろ思ってたことができるかもって

思いました。
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-29 11:30  

東京20110427

福島シークレットプロジェクトが足早に動き出しています。

まだ発表できる段階でさありませんが、

今年の夏、

福島がスゴいことになりそうですよ。

おボンあたり、

みなさま、バカンスはフクシマ へ。

わたくしもGW明けたら、
けっこう福島にいるつもりです。

花も植えなきゃ。

カビも生えてきちゃうからね。

ヒトがいないと カビは増える一方 さ。

それから、そろそろ吾妻スカイラインが開通します。
・・開通、もうしてるかも。

有料道路で、

浄土平通ってアノ世感味わって駐車場にクルマ止めて吾妻小富士に上って

手づくり弁当食って

車で峠越して

土湯温泉入って

ものすごい豊かな観光コースです。(ツウ好み。)

今年は、毎年楽しみにしてた開通式が自粛で開催されないのがザンネンです。

開通式ってのは、

吾妻スカイラインは雪深いため、

10月から4月あたりは閉鎖されるのです。

毎年の開通式では、

市長さんの挨拶があって

おっかないバクチクがバカバカ鳴って

紅白リボンのテープカットがあって

花やリボンや金キラキンに着飾ったクルマを先頭にパレードが始まるのです。

その後ろに一般車がゾロゾロ列なって

ゆっくりゆっくり

雪の回廊を走ります。

雪の回廊は

何メートルも積もった雪を

除雪車がザクッと切れ味よく雪の固まりを切りとって道を作り

道の両脇は高く積まれた雪のままで

北国ならではの絶景です。

ああ、福島の春。

魅力満載です。

今頃、うちの庭にも行者ニンニクが大きくなってるはずです。

・・ほっといてもよく育つヤツしか植えてないんだよね〜ヅボラだから。

コシアブラも葉っぱ出たかな。

水芭蕉は着実に増えてる気がする。

・・食べるもの作ってくれるヒトがいちばんエラいんだよ!

・・江戸時代、士農工商。

武士の次に農家の方がエラかった時代。

もう逆転させようよ。

セイジなくてもヒトはシナないやい。

オヒャキショウさんいなかったら

・・絶対 ダメだからね。


リョウシさん も。

・・ずっと ウマいもん食って

・・生きていきたいよ。


・・ほんとウマかった〜 ゴチソウサマ。

って ね。
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-28 09:59  

下北沢20110426

下北沢で パンチの効いたブルース ライブ。

リハーサルが終わって、人通りの少ない下北沢の街を歩いて メンバー3人と行きつけの焼鳥屋へ行く。

ちょうどハッピーアワーで、

手始めに300円のビールを飲む。

80年代のオンガクが流れる。

キャンディーズの歌を口ずさんで、

ハモってみたりして 飲む。

本番までには まだ長〜い 時間があって、

せまい焼鳥屋でメンバー3人とずっと過ごす。

♪女三人寄れば〜カシまし〜い〜

なんて唄もありますが、

♪男もツラいけど〜女もツラいのよ〜

なんてソングもありますが、

女の体調カンリ ってのはほんとたいへんなのだ。

二人の女を目の前にして 思う。

この三人の女は、

姿 形 大きさ 年齢 ふるさと 思考回路

・・全く違うのでございますが、


・・ビミョ〜〜な 点と点と点で、

・・ときには 全身全身全身で


支えあっているのです。


カミサマに祈り続けたり
シンパイしてくれたり
待ってくれたり
一緒にワルグチ付き合ってくれたり(?)

・・・

「パンチの効いたブルース」(感想ではない、バンド名)は、

今年 たかだか結成9年めであるが、

ビミョ〜に 豪快に 偶発的に テキト〜に

作ってきたカンケイは、

誰の手によっても破壊されたくないのです。

村も
街も
家族も
学校も
恋人も

・・ましてや 自分の住んでいた村に帰るな なんて、

・・・なんで命令されるんだ?!


気持ちを確かに持っていこうと思います。


2時間半くらい飲んで、

本番。

今夜はレゲエっぽくキメてサイコ〜のステージ。


打ち上げは 対バンNewdayのサックス吹きキッズくんと、遊びに来てくれたトランペットのなべさんと飲んだ。

キッズくんは 先頃東北にボランティアにいって、

瓦礫撤去など手伝ってきたそうで、

自分になにができるか熱く語っていた 現28さい。


ふと見ると、パンチメンバーの二人がいない。

・・どこいった?

・・左に曲がったところに電信柱が建つ工事を見にいっちゃった。

・・すっかり深夜だ。

・・ブタは夜運ぶ・・電信柱も夜建つの か。


・・ニッポン。

・・チャ チャ チャ。


・・ちゃ ちゃ ちゃ おもちゃの



ちゃっ


ちゃっ





ちゃっ。



♪真っ赤なリンゴをホオばる〜




♪リンゴ〜 〜 の



・・グラスの底に顔があったっていいじゃないか。


ええじゃないか
ええじゃないか


ええじゃないか



・・土 一揆。
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-27 14:49  

高円寺20110425

高円寺駅前にある魚の飲み屋はなかなかいい。

あじ、ホタルイカ、みる貝、桜鯛、タコ、甘エビが舟に盛り合わされていて、

1500円。

中ビン一本頼んですぐに日本酒、

2杯。

二階の窓から夕方の高円寺駅が見える。

お勘定して、

夫と 「ジロキチ」へ向かう。

今日は ジロキチのマスタ、荒井さんのお別れの会。

頑丈な長い茎の上に咲く白い花を一本もらって、

祭壇となっている奥のピアノの上に花を一本一本一本積み上げる。


懐かしい人にたくさん会えた。

ジロキチは、

20数年前、生まれて初めてブルースセッションした店で、

この店でいろんな方と知り合った。

酔っ払っては、

全く知らない人とカウンターで話しこんで、

潰れては、

起こされて、

ジロキチ閉めて、

スタッフのみんなと知らない人と朝までバーで飲んで、

楽しかったなあ。

ある日、ジロキチプロデュウスで女ブルースバンドを作ろう と、

ジロキチでメンバー募集して、

ジロキチで昼間練習して、

キッチンラバーズというバンドができた。

深夜、マスターの荒井さんがドカドカ階段から降りてきて、

「ポスター作ったぞ。」

と言って、ジロキチで撮影したキッチンラバーズの手づくり巨大ポスターを持ってきた。

今日は、

その当時の酔っ払い客もいて、

不思議と覚えているもんだ。

いろんなことを思い出した。

会が終わり、

また魚の店に行って、

吾妻さん牧さん湯川さんら緒センパイ方とまた飲む。

ワイワイやって最終電車と最終バスで帰る。

とことん酔っ払って倒れるように眠るのがすきだ。

・・高円寺って うちから遠いんだ。


・・・あ、フクシマ!



・・長い帰り道の中で、

・・馳せる思いが一瞬重なった。


・・・高円寺、フクシマ、ジロキチ、刺身、家、ヒト。
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-27 11:22  

(お知らせ)

昨年、初夏に発売したCD「Madam guitar plays Piano madam」が いよいよ残り少な になりました。
このCDは、自主制作アルバムで、ライブ会場と通販のみで販売しました。たくさんのお買い上げアリガトウゴザイマシタ。

震災後の売上金は、一部石巻に渡し(封筒に「石巻様」とかいて しかるべき人に渡しました。)、その後の売上金は FUKUSHIMA用に、個人で、あるいは ここぞ という時に使わせていただきます。残り少な とはいえ、まだ数十枚あるので、ぜひライブ会場、通販でお求めください。
よろしくお願いします。

尚、このたび 関内のライブハウス、ストーミーマンデーの女マスターかずきさんより、「福島に使ってください。」と、お店で集めた義援金をあたくしに託してくださいました。飲み代でもなんでもタノしいことに使ってくださ〜い!という涙出るほどうれしいことを言ってくださったかずきさん、アリガトウ。こちらも、FUKUSHIMAの ココゾ という時に使わせていただきます。

夏ごろ、FUKUSHIMAは ド楽し〜いことになりそうです。みなさん、今年の夏は、ぜひ FUKUSHIMA! へ!


まだむぎたー
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-25 13:11  

浅草20110424

正確に言えば、蔵前。

長見順オウケストラのリハーサル終了後、浅草寺に向かって歩く。

本日、日曜日。

それなりには賑わっている浅草界隈であるが、例年より、がぜん人が少ない という。

しかし、浅草寺を抜け、

左に曲がった一角に入ると、

どこも満席だらけの

ずらりと並んだ煮込み屋。
・・フランスでいうと、オープンカフェだな。

テラスに座り、

煮込み、牛すじ、もつ焼、などをホッピーと共に注文する。

浅草は、すぐ となりのおっちゃんが話しかけてくる。

メンバーと震災の話し。

・・チンドンやが通る。
・・人力車が通る。

メンバーのひとりがトイレに行っても、震災の話し。

・・わけわからんオカマの芸人さんが通り、みなで拍手。

メンバーと震災の話し。

・・まだ明るい夕方。


・・浅草は知らん顔して浅草の顔をして、

・・何も言わず人を酔わせ、

・・和ませる。

浅草で震災のこと話すと少し空々しい感じさえする。
これは街の威力だ。

人の作った街の威力だ。

少し雨が降ってきて、

すぐに止んで、

また歩いて蔵前のライブハウスへ戻る。

・・心はライブのことでいっぱいなのだ。

・・今日は初長見順オウケストラ・ライブ。

本番。

ラストに、♪ラブ ミー テンダー〜♪平成の大震災のうた〜♪ブルーハワイ

メドレー演奏。

大地震のため、ガソリンなくてずっとレンタルビデオやに返却できなかったCDは、エルビスプレスリーの「ブルーハワイ」、映画のサントラCDで、

返却できず、

しかもずっと聴く気にもなれなくて、

・・東京が桜咲いたころだったかな〜

ようやく聴いてみたら、

アタマの中に青い空青い海が隙間なくサ〜っと広がって、

ムネがいっぱいになり、

・・コレだ!

と思った。

それから、大地震三日後に出てきた言葉を、その日走る車の中でメロディーを口ずさんで、

リズムをつけて、

エルビスプレスリーの中にほうり込んだ。

オウケストラで演奏したら、

大きい曲になった。


いつだってライブ終了後は!、

うれしくなるか

さびしくなるか

どちらかなのだ。

逃げて帰りたいか

ずっとみんなでいたいか

どちらかなのだ。


ホントは どちらかではなく両方で、そのフクザツな気持ち とやらが、

たまらないのだ ね。


最終電車の時刻がやってきて、

メンバーも 残ったお客さまも三々五々帰っていくのであるが、

コレがたまらない。

ライブは、

コレに堪えねばならぬのだ。

ま、ジンセイも ね。

しばしのお別れはツラい。
・・寝ちゃえばすぐ忘れるけどね。

・・だけどずっと うまくいかない。


ギター担いで、浅草橋方面へ歩いた。

もう 寒くないね。

ありがとう、長見順オウケストラ!
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-25 11:58  

自分存在の東京20110423

長かった雨の音が止む。

テレビを付けたら、福島のイベントには存在しなかった、

猪苗代湖ズのボーカルの方がいた。

トーク番組で、

ロックンロールについて語ってた。

このたびの震災のことはあまり語らず、

ロックンロールのことを語ってた。

思いたっぷりに、

キミのこと や、

ボクのこと、

オレのこと や、

アナタのこと を

語っていて、

引き付けられました。

ああ、この方は世界がどうなろうと、ヒトがすきなんだ〜

って 思いました。

なんだか、


もうすぐお会いできそうな気がします。

雨の音が全くしなくなって、

静かな夜となりました東京。

きっと静かな夜でしょう、

福島。
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-23 23:56  

自分不在の福島20110423

東京は大雨。

福島も雨。

今日は、午後2じより、福島市イベント広場にて、福島テレビ局TUF主催の「頑張れ福島」というイベントがある、と 大友氏より連絡をいただいていたのだが、残念ながらあたしは参加できず、しかし、夫は参加してきた と 知らせをもらった。

まず、なんと今福島でヘビーローテーションの猪苗代湖ズの「I Love 福島」のカラオケ大合唱があったらしい。

ボーカリスト不在の猪苗代湖ズが登場し、後ほどテレビ中継もありますのでみなさんご一緒に〜 と、

そうゆうの苦手な(主観)福島県人に、

叫んだ模様です。

わが夫は、頑張って手拍子など先導して盛り上げたそうです。

さすが、よくやった!

大友さんと 福島在住の詩人、和合亮一さんとのセッションもあり、

・・すばらしかったそうです!


いや〜、

このセッションも、

カラオケ猪苗代湖ズも、

バザーも、

市長さんや消防団長さんもみんなで大合唱も、

・・見たかったなあ〜

・・この雨で桜、散っちゃったかな〜


明日は、浅草で 長見順オウケストラのライブです。
福島、気になって気になってしょうがないけど、

今あたしは、

明日のライブのことでココロがいっぱいです。

どうかみなさま、

見に来てくださいね。
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-23 21:40  

西荻窪20110422

今日は西荻窪で パンチの効いたブルース企画「パンチ de デートVol.4 with小野瀬雅生氏(fromクレイジーケンバンド)」ライブ。
田園都市線人身事故により、入り時間30分遅れて到着。

リハーサルは順調。たいへんおもしろくなりそうなので、曲を途中でやめ、本番にとっておくことにした。
みんなで行きつけの蕎麦屋へ。

西荻窪は、美味しい店、気になる店がたくさんあるが、

いつもそこの蕎麦屋へ行く。

ただの蕎麦屋でないのです。

・・ウフフ。

豪華ディナーで酒飲んで、ライブハウスに帰ったら、

満員のお客サマ!

立見まででて大盛況。

たいへんいいライブでした。

そのまま打ち上げ。

お客サマもたくさんの方が残って、飲んで、しゃべって、笑ってる。

レモンサワーや赤ワイン、白ワインを飲んで思ったことは、

こうゆう楽しいステキな一時は、

どんな状況になっても、

ジブンたちの手で作るべきである

ということです。

・・日本のレゲエ民族は、

ケミカルに弱いので、

九州の方へみんな逃げた とか。

・・福島の田村市の奥に、
原人村 という、自給自足で暮らしてらっしゃる小さな村があって、

放し飼いのニワトリ とか育てたり、もちろん野菜も作ったりね、

今回の原発で、

そんな暮らしもあやういものとなり、

・・九州へ逃げた(避難した)かどうか知りませんけど、

言いたいのは、

ニンゲンは、そのとき、なにを選び、どう判断するのか は、

全く自由なのであって、

逃げる のはワルいことじゃない。

村にとどまるのはワルいことじゃない。


ニンゲンの行動は、主に集団行動は、

はたで見ていると、ときに滑稽であったり 間違ってる〜あのヒトたち〜 なんて勝手に思いますが、

その行動を止める権利はだれにもありません。

・・しかし、笑ってしまう自由さは、

・・奪われてしまってはなりません。

・・キズつけたりキズつけられたり、

ニンゲンは ほんとセンチメンタルでたいへんですが、

コレはだれだれの責任、アレはチミたちの責任、ソレは知ったこっじゃない〜

・・自分の責任の範囲内だけは一生懸命がんばるヒトたち、

・・それは素晴らしいことではありますが、本来、その責任を全うすることがジンセイのシゴトであるハズがない。

・・東電は もちろん責任とらなければなりません。が、

・・その同一線上に、

・・・責任以上の ココロとセイイを持たねばなりません。


・・もちろん、このたび、東電は多大なる「カネ」を出さねばなりませんよ!


今宵、西荻窪の小さいライブハウスであたしが感じたのは、

キズついたりキズつけられたり泣いたり笑ったりふんづけられたりふんづけたり怒ったり無視されたり・・

しながら グチャグチャの感情を出す!


それを受けとめてくれる、

ヒトと街。

・・コレが必要。

・・・だから 西荻窪も飯舘村も、

・・解散 させてはなりません。


・・・よく飲んだ な。


・・グレイス、送ってくれてありがとう。
[PR]

by madam-guitar | 2011-04-23 17:30