<   2013年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

西荻窪20130925

雨。

黒い長靴のようなブーツを履いて電車乗り継いで西荻窪へ。


クラップクラップ。


何年ぶりだろう、ものすごく久しぶりだ。


あの頃よくここで飲んで、
ガンボ食べて、

途中で古澤さんがやってきて、

朝まで飲んだ。


古澤さんのシンバルは耳がつんざくほど尖って高音で切れ味があって


いまもあたしの心の中に残ってる。


今日は石渡さんと大津さんと三人ギタリストライブ。


・・古澤さんはギターがだいすき、


・・いや、ピアノもすきだったな

・・サックスもベースも


・・ニンゲンも焼鳥も♪



・・・・・・・・・・
台風接近のなか、ライブち来てくれてありがとうございました〜♪

ライブ後はいつも慌ただしい。

片付けあるし飲みたいし終電あるし。



古澤さんに引き留められて、




終電逃した。



いつかやさしく連れていってね、



楽しいあの世まで☆
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-29 21:44  

東京20130924

母様、

あたしのために玄米を炊いてくれてありがとう。

土鍋で炊いた 炊きたての玄米はおいしいです。


だけどあなたは白米なのね?


・・う〜ん、玄米はやっぱりあきるわね、新米の季節だしね、やっぱ白米かな〜


玄米は血圧下げる効果もあるらしいですよ。


・・毎日血圧のクスリ飲んでるから大丈夫。


孫が三人いるおばあちゃんは今月76歳になった。


どこも悪いところはない。


ただ血圧が高いだけ。




・・・・・・・・・・・
D様

本日お誕生日おめでとうございます。

昔はよく気取ったフレンチレストランとか行ったわね。

誕生日ブレゼントをあげても あなたはすぐ無くしてしまうから、


もうあげないことにしました。

まあ、プレゼントを大切に扱え っちゅうのもプレッシャーだわね。


20年一緒にいると、


すべてが嫌なことだったような気もするが、


すべてがいいことだったような気もする。


記憶なんてどうにでもなるから、



またお祝いしてプレゼントをあげたいと思う。



・・絶対無くさないものってなんだろう?




あと20年以内に思いつきたいと思う。



お誕生日おめでとうございます。
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-29 18:50  

仙台東京20130923

朝11じ仙台ホテルチェックアウト。

天気いいので散歩したら小さな古本屋があった。

ほんとに小さなカフェが併設されていて タテタカコさんの写真と絵がいっぱい飾ってあった。

弱冠二日酔い気味ながらお腹がすいていたので カフェのメニュウを見た。

ココナッツカレーに心が動いた。

しかも玄米 だ。


・・辛いですか ね?


・・・辛いです。


・・相当辛いですか ね?

・・・そうですね。


・・辛さの調整は無理ですよ ね?


・・・無理ですね。


・・ちょっと考えます。


しつこく聞き過ぎた、無理なものは無理だ、でもカレー食べたいな。


古本屋をグルリと3周して決めた。


・・ココナツカレー食べます☆


15分くらいしてココナツカレーが来た。


ひよこ豆と緑豆が小麦粉使ってないルーの中に浸ってて 相当辛い味なのかと思いきやそうでもなくて 玄米と一緒に口に含み、そしたら二日酔いが溶けていき、やがて消えていった。

店内よく見れば、友部さんのフライヤーがあったり ライフク(来福)のグッズがあったり、


そんなヒトたちと繋がってます的な話しをしようと思ったが一瞬で消えてあわてて帰ることにした。



お蔭様で二日酔いは木っ端みじん(これはベトナム戦争用語でしょうか・・地雷?)。


車検済みの新車に乗って東北道へ。



・・・・・・・・・・
渋滞に次ぐ渋滞 渋滞 渋滞。


連休最終日でした。




10時間後、家到着。





飯と味噌汁がうれしかった。




母様、ありがとう。
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-28 01:24  

仙台20130922

飯と味噌汁と厚揚げ食べて仙台へ。


連休の東北道はなかなか混んでいる。

トンネル抜けて 仙台市民会館大ホールへ。

そのまま楽屋入りしたら、

廊下に飯と味噌汁とシャケとひじき煮と漬物などのケータリングが並んでた。

そして楽屋に入ると、ズラ〜〜と列んだいかがわしい衣装やアクセサリーや靴や小物たちがあった。

今日はハナレグミツアー@仙台。

ステージに向かうと ステージのセットは場末のスナックだった。


たいへんうれしくなった。
・・・・・・・・・・
バンドのメンバーは、ヤクザだったりドカタだったり 野球帰りだったりスナックのママだったりサイケなヒトだったりする。

あたしは30年前からこのスナックに通い唄う伝説のM。

あたしにも一曲唄わせろ、と、

タカシくんのマイクを握り離さない。


そんなサイコウのスナック、いや、ステージだった。

・・・・・・・・・・
仙台公演は多いに盛り上がり、あたしは北のオンナとして誇らしかった。


残されたケータリングの焼き鮭がいい味出してた。



・・・・・・・・・・・
打ち上げは仙台繁華街の炉端焼き屋にて。

全員で北の地酒を飲み、刺し盛りをつつき、牛タンにうなり、芋煮に笑った。


深夜12じ過ぎたころ、店の電気が一斉に消えた。






♪ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデートゥーユー ハッピバースデーディア・・・・



おかちさ〜〜〜ん



56さい、お誕生日おめでとう☆



そして二次会はワインバー。


もうめちゃくちゃ。




一生帰りたくない夜。
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-26 15:57  

福島20130921

パジャマがグチョグチョに濡れてた。

急にたくさんの寝汗をかいたのだ。


また今日も秋晴れではないか。

・・・・・・・・・・
飯と味噌汁が最高 の日々。

最近行きつけの<あんぜんなたべものや>、

クダラナ祭りのチラシ置かせてもらおう としたが、

・・その日は店で秋の養生の講習会があるので同じ日のチラシは置けないんですよ〜

と言われたが、



今日行ったらしっかりクダラナチラシ置いてあった。

うれしかったなあ。



豆腐を買って帰った。



・・・・・・・・・・
微熱、おさまってきたかな。


小さなシャーワセが毎日あってよかった。
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-26 11:54  

福島20130920

今日は久しぶりのツーマンのライブだ。
ツーマンとは、あたしとあのこ、ふたりによる対バンだ。
対バンとは、ふたつのバンドによるショータイム。

あのこはあたしより年下だから、あのこはあたしの前座。

・・いやいや、前座ってのはトゲがあるな、それに今どき 年上年下 って戦時中じゃあるまいし、ましてや高校のバレーボール部じゃないのよ。


今日は真昼のライブ、生憎の雨だ。

おやおや、あのこのライブが始まっている、遠くの会場であのこの音がする。

あたしは離れた古い校舎の教室で 昼寝をしながらあのこの音を聞いている。

とても心地よい。

あのこの音に 満員の客だれもが酔いしれている。

雨音にも負けないあのこのリズム。

なりやまぬアンコールの拍手。

雨が止み、あたしは昼寝から起き出してギターを取り出す。

広い広い校庭を歩いて ライブ会場へ向かう。

たくさんのお客さんが待っている。

待っている。



待っている。




誰もいなかった。




あたしはギターをポロンと鳴らす。


涙がポロンと鳴る。



あのこがやってきた。


あのこはフリフリのかわいい傘を畳んで申し訳なさそうに角の隅っこに背もたれた。



あたしはニコッと笑って



・・今日はライブやらないことにするわ、一緒にお茶でも飲みにいきましょう


と言って ギターをしまった。


こらえきれぬ涙は雨の代わりでもなく、ましてや悲しいから、悔しいからでもない。


恥ずかしいの だ。



お客さんが誰ひとりいないところ見られて恥ずかしくて恥ずかしくて


堪えきれぬ涙は雨となって、あのこのかわいいフリフリの小さな傘で ふたり仲良く校庭を歩いた。


性格のよいあのこはあたしに濡れないようにと気を配ってくれて


だけどそんな優しさがあたしには恥ずかしくて


わざとギターを傘からはみ出させてずぶ濡れにした。



アハハハ、ずぶ濡れ。



こんな風にしてあのこと喫茶店でおしゃべりしたいから。

・・・・・・・・・・
こんな夢を見た。

分析するに、夢の中の<あたし>は、


お客さん・・いらない んだろうな〜

お客さんがいっぱいになったところで そこには<あたし>の欲求を満たすものは何もないのだ。


<あたし>は<あのこ>に聞いてほしいのだろうな〜

なんかうまいこと言えないけど、

一度止んだ雨、また降らせるくらい大きな<あたし>の隠された感情は、


唄にする必要性があり、

<あのこ>に届ける必要性があり、


不特定多数のお客さまには聞かせる必要性がない ということだ。


すばらしいコンサートでたくさんたくさん感じるよりも、


<あたし>と<あのこ>の関係、そこにはもっともっと深く感じるニンゲンの感情がある、し、


それがなにか 知りたい し、


そこには 愛 と呼ばれる言葉や 音楽 と呼ばれる言葉の原点があるような気がしてならない。


ならば、


苦い夢は見続けなければ、と考える。

・・・・・・・・・・
秋晴れ



続いてます。
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-24 12:01  

福島20130919

晴天が続く。

除湿から加湿に切り換えるこの時期。

粥でなく飯炊く。

・・・・・・・・・・
夕方、なんとすぐ近くに大きくまんまるな月。

・・8年ぶりの美しい中秋の名月だそうですよ♪

へぇ〜

日が暮れ夜になって月が高く昇りつつあったので 山の家通り越して そのまま山上がって浄土平まで行った。


月があんまり明る過ぎて星が見えなかった。


お月見。


・・・・・・・・・・
携帯のメールを整理、いくつか削除したら全部また受信で戻ってきた。

また新たな不可解な現象。

がんばれ、古い携帯。



美しい月に願うとするか。
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-21 23:25  

福島20130918

朝、吾妻学習センター行ってチラシ6000枚コピー。

クダラナチラシ、足りないのだ。

けっこうコピーのことがわかってきた。

なんでも自分でやるに限る。


一枚0、75円。

4500円なり。


チラシ配りがんばるぞ。

・・・・・・・・・・
家帰ったらちょうど「あまちゃん」。

今日は 冷えた粥食べる。

これもまたうまいのだ。


小どんぶり2杯、がっつり食べる。

・・・・・・・・・・
午後、市役所行き、こどもイベントのチラシ、保育園幼稚園に回すセッティング。


夕方、ランドセルしょった子供が次から次へと正門から出ていく。


・・市役所の近くの小学校だ、名門なんだろうなあ(古い♪)


ラジオ福島へ。

打ち合わせしてラジオ収録。

クダラナの宣伝です。

・・・・・・・・・・
外はすっかりたそがれていた。


6じ過ぎ。


・・おやおや 満月かな?


山の上高く お月様がポッコリ。


猪苗代の方はもう紅葉が始まっているという。


今夜も山は寒い。

昨夜もストーブ付けた、今夜も。




さあ、懐かしい冬の音だ。

緊張するな〜


寒さに負けないカラダを作らなきゃ。



さ、粥。

おかずはおから煮ににら納豆。


あと三日間この食生活続ければ血と細胞は生まれ替わるのか?


まあ実験です。



まあ ほんと言うとちょっと余計なもん食べてますけどね〜、玄米せんべいとかハチミツ舐めたりとかマカデミアナッツ食ったりね〜
ま、添加物除去が目的ですから。


酒☆


醸造アルコール入ってない日本酒ならいい ってことか〜


いやいや



も少し楽しみはとっときましょ〜♪
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-21 20:52  

福島20130917

昨日 台風の間 見つめていた木、


切ることになった。

この広い山の敷地に 最近隣りに人が引越してきて、やはり同じように 同じ木を見つめていたのか、


切ることになったのだ。


風で倒れる前に。




倒れて家が倒れる前に。
・・・・・・・・・・
朝から伐採作業。


ヘルメット被った現場のにいちゃんは上機嫌 だ。


轟音。


生々しい木の匂いが家中に広がる。


生木は4本になり、庭に並べられた。

ついでに 夏の間伸びきった雑草も刈ってもらった。

庭はのっぺらぼう。


しかし、小さな小さな、いやしかし 毎年確実に成長している 次郎柿の木がある。


これが切られるとしたらあたしが死んだあとだろう。

いや、まっすぐまっすぐ成長すれば切られることもあるまい。


っていうか、



この家も隣りの家も



誰もいないかもしれない。



・・ようやく森になるのね。




森になればいい
森になればいい




・・放射能汚染のゴミ捨て場になるかもしれない


森になればいい
森になればいい
森になればいい
森になればいい
森になればいい
森になればいい
森になれば



叫び続けるには体力がいるから、


やっぱ今日も粥にする。


小豆入り♪




このまま森の中に入って



森になりたい。



今のカラダならできそうな気がする。



飛べもしないし
隠れることもできないし
汗かいて運動することもできないし
ギターを弾くこともできないから




チャンス。


目を閉じて




さあゆこう。
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-18 20:49  

福島20130916

毎日粥食って同じような生活しているからか、この日記と実際の生活がつじつま合わなくなってきた。

しかも昨夜は急にバイオリニストになっている。

とうとうアタマの中 粥でごった煮 か。

・・・・・・・・・・
台風福島上陸。

庭の 斜めにそびえ立っている木ばかりじっと見ていた。

しなやかにしなやかに風に揺れては元に戻る。

たくましいなあ。

・・・・・・・・・
南会津の<大宴会>からDが戻ってきた。

日本中が雨だというのに 南会津では雨が降らなかった という。

よかったなあ。

楽しかった話しを聞かせてもらう。



いいなあ、あたし、あともう少し粥食べてがんばるぞ。


今日は納豆を食べてみた。
野菜と炒めて食べた。

やっぱすきだわ、納豆。


そろそろ普通の玄米ごはんに戻そうかな。


食べたくなってきたわ。


しかしながら 粥を食べる日々で考えたことは、


わたしはほんと食べ物がすきだ ということだ。

とくに豆と木の実がすきだ。

そして発酵したものがだいすき。


・・福島出身の発酵学者、小泉武夫氏、ファンです。


発酵?



思い出した、酒。



懐かしいなあ。



もっとあなたと気軽に付き合えるように精進します。

そう、やめるとかやめないとか すきとかきらいとか いいとかわるいとか 頼るとか見捨てるとか、そういうことでなく、


気かついたらそばにいる くらい の、



山と木の関係のように、



自然になりたい。



それがあたしの今の夢です。
[PR]

by madam-guitar | 2013-09-18 20:24