<   2014年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 

福島20140627

本日も 穏やかな晴天 と思いきや、昨日とほぼ同じ時間に集中豪雨。


いやいや、食べたいものが天気で変わってしまいますね。


・・・・・・・・・
曲を作ってみたりした。

・体育会系盗作関係
・イーのブルース
・俺、前座
・サッカー選手になるって決めた人がサッカー選手に・・・

さて、曲、完成までたどり着くかなァ



・・・・・・・・・・
楽しい晩酌タイム。

Dさんがつまみを買ってきた・・・

最近、山の近くに韓国の方が経営する 韓国料理カフェ が出来たらしく、本日Dさんが昼飯を食べ、惣菜を買ってきたのだ。

・朝鮮人参のキムチ
・黒豆煮

キムチ、ちっとも辛くない、辛くなくてもちょっとした惣菜のことは<キムチ>と呼ぶのであろう、黒豆煮は 食感が硬く、おそらく日本の黒豆煮とは違うもどし方煮方なのであろう、どちらの惣菜(つまみ)もたいへんおいしかった。

よく見たら黒豆煮は、<食材>とかいてあった。

だから硬いのか?

それとも日本語わからないスタッフのおちゃめな間違い?



気になる、韓国料理カフェ。


近所に素敵な店がまたひとつ増えてうれしい。
[PR]

by madam-guitar | 2014-06-29 00:02  

福島20140626

穏やかな日が続いているな と思ったら夕方 集中豪雨。

ちょうど出掛けるタイミングとドンピシャで、ずぶ濡れで新車乗り込み下山。

かなりの量の雨だ、山道水はけ悪く霧もかかる。


映画館着いたとたん雨あがる。

・・・・・・・・・・
南会津大宴会スタッフの方からの奨めで<WOOD JOB>を見る。

林業のエンタテメント映画で、映画の前後に、実際の林業の方々による林業仕事内容や道具の説明や 映画の見所について面白おかしくトークがありました。

・・マキタスポーツさんが 林業おやじ役で出演してました(いい味♪)

いい笑いと涙の映画でした。わたしの山よりド田舎で笑いました♪

監督は <スイングガールズ>の矢口監督。

・・農業は米や野菜出来たら食べれるので出来のいい悪いはわかるけど、林業は苗を植えて100年たたないといい木になったかどうかわからない、つまり生きてるうちに結果がでないのさ。

・・・・・・・・・・
ガスる(深い霧)中 運転。

白い靄、ああ見えない、気をつけて ゆっくりゆっくり・・


到着。

すぐに台所に立って晩酌準備。

とっておきの水牛のモツレラチーズを開けた。

・・チーズにしてはもの足りない、もっと腐い方がいいなあ

などと思いつつ じゃこ天焼く。



・・ああ、食べ物ってすきだなあ、<オトコが電気を好き>なように わたしは
<オンナは食べ物が好き>だ、ずっと食べ物のことを考えて暮らしていきたいわ

ギターと食べ物がもっと近い関係になれるように わたしは毎日暮らしますだ。
[PR]

by madam-guitar | 2014-06-27 13:45  

庭坂20140625

今日は自動車免許の更新に行きました。

福島の免許センターは、フルーツライン(道路名)を走り、安斎果樹園(林檎三兄弟ライブ行なわれたところ)を軽く過ぎたところを右折すると あるのです。(飯坂からだと左折ですね。)

近隣には 古ぼけた旅館が二軒ほどあります(現在 機能しているかどうかはわかりません、その昔、免許取るための方の宿泊所であります、この免許センターは、とても辺鄙なところにあるのです(我が家からは近いですが))。

・・・・・・・・・
受付を済まし、流れ作業で視力検査など。

一時間の講習受ける方は本日10名ほど。全員時間前に揃った ということで 予定より10分早く講習開始となる(講師の方の提示で満場一致)。

で、講習始まったわけだが、

訛りがすごくて何言ってるのかよくわかりません。

おまけに 空調の具合か、具合悪くなってきて途中退席。


なんとかクリアして免許更新完了。

・・・・・・・・・・
午後三時、ヒトもいなくなり、売店も受付も何もかも終了になった免許センター。

トイレはほとんど和式の免許センター。



外に出ると山がきれいで空がきれい。



フルーツラインはほんといい道、


飯舘村までドライブしたくなった♪


土湯もいいな、空カフェも行きたい♪



免許更新、できてよかった。
[PR]

by madam-guitar | 2014-06-27 00:24  

福島20140624

湿気少なく 天気の日が続く。

今日は 鹿の親子に会いました。


ゆっくり、森の中へ入っていきました。


そういえば、あたしの行きつけの歯医者は <バンビ歯科>。

10年以上前から時々行く歯医者ですが つい最近その名前の意味が判明しました。


バンビ=鹿=歯科


なのですね♪


バンビ歯科には、玄関にバンビの親子の作りものがどでかく飾ってあるのです。

バンビは淡茶色に白い斑点がありますが 今日会った鹿の親子は限りなく黒に近かったです。




熊の親子だったかもしれません。


・・・・・・・・・
で、そんなこんなで夢の中まで この親子は登場するのです。




おっと、こんな気持ちが高ぶったのもこれ幸い、もちろん晩酌ありの本日。


夜は涼しくて(あるいは寒い)たいへん過ごし安いです。
[PR]

by madam-guitar | 2014-06-26 23:32  

郡山20140623

16穀米飯、味噌汁、塩さば、大根おろし、ポテトサラダ、京都でいただいた漬物で豪華昼飯、山形から毎年贈られてくる佐藤錦(さくらんぼ)でデザート後、郡山へ。

平日、このところ工事渋滞の多い東北道上り。

・・・・・・・・・・
クダラナスタッフと打ち合わせ。

郡山の、<西田>という 今は4軒しか住んでいない という集落、そこの伝統芸能<ひょっとこ踊り>が気になってルーツを探ったら、クダラナ祭りと同じような理由で祭りが始まったことが判明。

この<ひょっとこ踊り>、虐げられたエタヒニンが やけくそ気味にエロチックに踊って踊って踊りまくる というエネルギー溢れる芸能。

郡山の歌うたい、<パイナップル独りウェイ>くんが その西田の出身 ということで ひょっとこ踊り、クダラナに登場していただくことになりました♪

どういう絡みになるかは まだお楽しみです☆

・・・・・・・・・・
ココラジ<酒場の酒場で酒場>4週間分集録。

今回、2週分は わたしの枕元にあるCDひとつかみ特集です(達郎Y下風)。

ラジオ、肩の力が抜けてきていい感じです。

・・・・・・・・・・
東北道下り。

割引なし、1080円。


・・ついくせで高速のっちまうなあ、下道(4号線)走ればいいんだよね。


まあ、一刻も早く帰って晩酌したいのだけど。

・・・・・・・・・・
一日の閉め、晩酌。



あたしの生活、アイしてます。
[PR]

by madam-guitar | 2014-06-25 23:29  

東京福島20140622

よく寝た。

下ではジャラジャラと 音がする。

山の下ではない。


ここは東京。



母がファンキー麻雀をやっている。
・・・・・・・・・・
ほなさいなら、福島行ってきます。



いっぱい儲けてください。
・・・・・・・・・・
本日休日割引 東北道。



あたりまえだったのに な。
・・・・・・・・・・
雨上がり、福島。




・・・・・・・・・・
山はやっぱり肌寒い。



少しストーブ付ける、除湿も込めて。




京都、懐かしい。
[PR]

by madam-guitar | 2014-06-25 00:10  

京都新横浜20140621

京都、ホテル、


・・チェックアウト時間過ぎております


と 電話があった。

この声は あのフロントマンだ。

申し訳ないことをした、素直に悪かった と反省したのはあのフロントマンからの連絡だったからであろう。


一時間、チェックアウト時間間違え。<間違え>と判断してくれて超過料金加算されずチェックアウト。


サンキュ、マイフロントマン。


フロントマンに荷物預け、散歩。

・・・・・・・・・・
道が碁盤の目になっている京都、小さな細い道を曲がるとこじんまりとしたフレンチビストロがあった。


・・ランチコース 1700円。

ちょっと奮発することにした。


気取らず、老舗風、なかなかいい感じのビストロだ。


しばらくすると、フランス人の男がひとり入ってきて わたしの隣りのテーブルに座った。

ほぼ同じタイミングでコースの料理が運ばれてくるのであったが、


フランス人、


ナイフとフォークの使い方が上手。

そして鼻が高い。

時々、ハナウタも出る♪


料理はとても美味しく、いい気分の90分コースでした。

・・・・・・・・・・
そしてまたガラガラの こだま号に乗る。


ガラガラなのに、


隣りは 男。



読者家でした。

・・・・・・・・・・
京都のバーの森さん、そしてマイコハンからメール。

・・いやいや、こちらこそありがとうございました。


うれしい、 直接挨拶交わせるのはうれしいものだ。


京都、行ってよかった。


ほんとに遊びにいった感じだったなあ。

飲み に付き合ってくれてありがとうみなさま♪


京都観光はとくにいらない。


あたしは特別に猥雑な京都を知った。



ものすごいココロがホットになったのだよ。




よし、カラダとココロのために飲む☆
[PR]

by madam-guitar | 2014-06-24 23:55  

京都20140620(後半)

<ちょっとバー森>の扉を引く(ほんとはタカギくんが、<押して>と言ったから押してみた。でも開かなかった。)。

森さんがいた。


バーを眺める。


昭和の香りがプンプンするいいバー だ。

白い壁のすみっこに、セロテープでチラシの裏紙みたいなのに書いてあった <正>の字。


焼肉のあとに風呂 正正正一
風呂のあとに焼肉 正T


そう、やっぱバー(スナック)はクダラナいことで盛り上がるのが最高。


ボラない(まあ、ボッてもいい)
クダラナい
ヒドい


バー(スナック)の三原則、勝手に起ててみました。

・・・・・・・・・・
リハ終わって階段下りる。



タカギくんがおじぎをした。

・・・・・・・・・・
さて、ここからが本番。
すでに飲み歩いてるマイコハンに連れられ 高級立ち飲み屋へ。


・・スゲ〜〜〜、超高級立ち飲み屋☆☆☆


日本酒のラインナップもすごいが ハイボールの作り方もすばらしい、二種類しかない焼酎の銘柄選びもマダム好みだ。そしてそして つまみ、最高☆ あ〜泣きそう〜

完全にライブやることを忘れて興奮して飲みに没頭する。

で、ついにマイコハンに肩をたたかれ退場。





そして、例の階段の前へいったら、タカギくんがエスコートしてくれた。

・・・・・・・・・
扉を引いたら、


満員のお客さま。


興奮して、
<今日はライブやらないで飲む宣言>♪





ハハハ、客の方が上だな。
・・・・・・・・・・
まさにバーライブだった。

すごい熱気で終了。



階段下りて、



タカギくんに挨拶されて、


マイコハンのエスコートですぐ近所の飲み屋へ。


さっき バー森にいたお客さんもそこにいたりなんかして、いや〜 もう何がなんだかわからない とにかく活気のある店♪


そしてまたマイコハンエスコートで 角の隣りの店へ。

この店もほぼ満席で ワイワイがやがや。

マイコハンいわく、

・・実はこの店はたいしたことないの、なんの取り柄もないわ ワハハ

と高笑いし、隣りの見知らぬお客さんにも同意を求める。


とにかく、この界隈(西木屋町あたり)ではマイコハンのことを知らぬ方(店)はもぐりかもしれない。

とにかくすぐ友達になってしまうのだ。

他人も友達なのだ。


隣りに座ったら友達なのだ。



西成のおっちゃんたちはどんなにマイコハンに助けられたことだろう


マイコハンは何も語らないが、時々ポツリポツリと西成の悲しいおっちゃんの話しをする。


時々。




ほんとに時々。



さあ、行こう、ハシゴハシゴ♪

・・・・・・・・・・・
そのバーへ入ったら カウンターの中に知り合いの音楽家がいた(かりきりん♪)。

ほとんど寝てるマイコハンを起こさずに、大阪が誇るブルースの女王、マリコのCDをリクエストして聞きほれながら梅酒を飲む。




高瀬川、静かに流れてるんだ。

・・・・・・・・・・
で、最後にやっぱりタカギくんに挨拶。



・・じゃね、またね。


西木屋町、愛おしくなって涙も出ない、唄にも出来ない




あたしのとっておきの今日一日。

みなさん、ありがとう。
[PR]

by madam-guitar | 2014-06-21 23:22  

(後半に続く)


[PR]

by madam-guitar | 2014-06-21 22:46  

京都20140620

京都のホテルのフロントマンがなかなかにいい男だ。
昼飯の相談を持ち掛けると、


・・どういったもの食べたいのですか


・・・そうですね、定食やとかカフェとか・・


いきなり聞かれたのであいまいに答えると、自分の知ってる近所のお勧めの店を教えてくれた。


・・・あ、定食 って 普通の定食やさんですよね?


・・そうですよ、焼き魚とかしょうが焼きとか・・何か違うもの食べたいのですか


・・・そうですね、おばんざいとか・・


と またあいまいに言うと、


・・あ〜、おばんざいね、ありますあります、バイキングでね 890エン、いい店ですよ。


・・・あ、いや、バイキングは苦手でして、えっと、焦っちゃってだめなんです、あ、玄米の店ありますか、カフェ っていうか自然食系の・・


と、また選択肢のあまりない感じの希望を言うと、PCで探してくれて 近所にあることが判明。


フロントマンの方は恐らくその店には入ったことないのだろうけど、


・・お昼どきですからね、少〜し混むかもしれませんよ、そういう覚悟でね


はい、わかりました、行ってきます、何から何までありがとうございました。

・・・・・・・・・・
今日は日中<京都シネマ>で映画でも見よう と考えたのだがどうにも眠くなってゴロンと横になる。


少し練習して 仕度。外出。

・・・・・・・・・・
そして、そのフロントマンの方とはことごとく目で挨拶することになった。



・・・・・・・・・・
今夜のバーは、<ちょっとバー森>。

初めての店だ。


階段下にタカギくん(というらしい、近所の店の呼び込み店員。コドモもいるという、挨拶もできてなかなかにいい若者だ)がいて、

・・森さんとこね、階段あがってドア押してね

と、教えてくれる。



引く でしたが。

(それから何度か階段を下りたり上がったりしましたがタカギくんは常に階段下でタムロしているのです、でもイイコ。挨拶できるんだよな〜♪)

・・・・・・・・・・
[PR]

by madam-guitar | 2014-06-21 22:32