<   2014年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

浅草橋20140727

あちい。

今日は長らくお別れしてた、ななちゃん(わたしのギター)が帰って来る日。

マイリペアマンと浅草橋で待ち合わせ。

マイリペアマンは 父ちゃんの腕一本で子どもを育てている。

通称、子連れギター。

現場に子ども(おんなのこ)を連れていって、夜中までライブハウスにいて おんなのこはライブハウスの隅でそっと眠りこける。

・・・父ちゃん、早く帰ろうよ


などと 駄々はこねない。

父ちゃんに迷惑かけまい、と 父ちゃんの仕事中はマンガを書く。


いっぱい四コママンガをもらった。

長編も読ませてもらった。


お互いカエル好きなのでいつしかおんなのことメル友達になった。

わたしの誕生日にはいつもカエル付きのメールをくれた。

修学旅行のおみやげ、と、渋いカエルの財布をくれた。



小さいおんなのこは高校生のおんなのこになった。


最近 マンガを見せてもらえない。


・・・あたしね、すごいマンガの先生いっぱい知ってるんだよ、こなつのマンガ、見せたいな〜

そんなことには動じない、おんなのこ、こなつ。


・・・ねぇ、こなつ〜


・・・父ちゃん がんばったね

こなつの成長が楽しみ だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ななちゃんは回復して帰ってきた。

まだまだ長生きできる、とマイリペアマン父ちゃんに太鼓判押され、はにかんだ。

弾きごこちよく、いっぱい会話した。

父ちゃんに報告のメイルした。

父ちゃんも喜んでくれた。


子連れ 親子の夏。

楽しんでね。
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-30 11:16  

苗場東京20140726

朝方ホテルに戻り 午前中ホテルを出る。

苗場、真夏日だ。

吸い込まれるように山道走り東京方面 へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・あ、


浴衣 ホテルに忘れてきちゃった

すみません、最近忘れ物が多いです。



わ〜、

ホテルのカードキー持ってきちゃった


激しく落ち込む。


これでも 出来るだけヒトサマに迷惑かけたくない、と硬く思ってるんだ

反省。


社会に出たんだ、がんばりなさい、自分。



・・・・・・・・・・・・・・・・
夜、京都から帰ってきた母を迎えにいく。

京都は風も吹かなくて 随分暑かった という。


おみやげに <あじゃり餅>もらった


・・(@゜▽゜@)


苗場みやげ 無くてごめんなさい。


・・m(__)m


フジロックに行ったことは母には内緒だ、っていうか言いそびれたので京都の話しばかり聞く。


(´;ω;`)


あと何年旅行に行けるかしら、と、

凍ったブルーベリーをひとつずつ ゆっくり口にほおばる。


ひとぉ〜つ、


ふたぁ〜つ、



みっつ、

よっつ、




永遠に続くといいなあ。


ブルーベリー、




美味いんだよ。
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-30 11:16  

苗場20140725

昨夜は珍しく寝床でないところで気絶してた。


相当早起きしてしまった、朝がきれい。

本日は苗場スキー場へ フジロック<大友良英スペシャルビッグバンド大盆踊り大会>に出演

っていうか、参加しにいきま〜す っていう感じ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山へ行くからカッパだの雨具だの靴など用意しなきゃ〜と思うのだが何もしていない

・・ワハハ、わし日常が山暮らしだからな〜♪

濡れてもいいし靴もぐちゃぐちゃになってかまわない♪


ただ、


寒いのだけは恐ろしい。


服をひとつかみ新車に積んで ちらっとギターも忘れずに積んだか確認してゴー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かわいしのぶと運転を交代しつつ苗場到着。


天気、よし☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして本番まで何かを見に行く気力もなく、とくに苗場にいなくてもいいような時間をやり過ごし、ヒマだから飯でも食ってビール飲んで

空が暗くなるのに身を任せた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
本番。

多人数での盆踊り大会が始まった。

興奮した〜


ステージ場は踊り場、遊び場だった

客席は踊りきれないほどの人で それでも踊ろうとするエネルギーで


客席とステージに間と柵があるのが不自然で


みんなで夜空へ逃げたかったな♪



花火のように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
とにかくビールを飲んだ。

浴衣が汗でびちょびちょ だ。


打ち上げ、メンバーと別れ、気がつきゃ苗場でDさんとふたり、深夜の野外のフードコートに繰り出して、

芝生に座り、山を眺めながらワインを飲んだ。


白々と夜が明けていった。


フジロックを堪能する というより、


ここは我が家だった。



あなたがいるから我が家なのよ、と、



わたしの身体の中の膨大なる歴史の細胞が語っていたような。


そして 回りを飛んでる虫も。



・・人間に生まれたからにはあとのことは任せましたからね

と言われてるような。


もうじき夜が明けるこの時間、


・・・うわ〜 なんて山はきれいで 木々の緑がきれいで、、、


感動しちゃうんだな〜


こんな時に、ふとお迎えがきちゃうかな、要注意☆



も少し活きてたいな。
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-27 14:17  

渋谷20140724

夕方、新車で渋谷界隈へ。

わたしが育った、小学生中学生時代住んでいた界隈にドミューンのスタジオがある。

よく買い物した商店街はもはやなく、

・・八百屋とパンのキムラヤがあるくらいかな


あとはビルとコンビニと超高級寿司屋とブティックと・・


そしてわたしが住んでいた社宅ももうない。


毎年初詣した氷川神社の木々はうっそうとしていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地下のドミューンスタジオへ入る。

大友さん、しりあがりさん、作家の古川日出男さん、そしてドミューンの司会といえばこの方、小川さん。


本番前、来て早々に浴衣に着替える大友さん、超忙しく、今日も仕事は三本め、細かく語っていたが、ま、忙し自慢してもしょがないワハハ♪と苦笑していたが、全く嫌みがない大友さんはスゴイと思う。

しりあがりさんもほんとに忙しそうだ、クダラナTシャツ着て本番ギリギリに現れた、緊張するなあ♪と相変わらずユルく笑ってビールがぶ飲みしてた。

初対面の古川さんは作家で(わたしも大好きな作家です〜著「ペルカ、吠えないのか」←題名あいまいでスミマセン〜 が衝撃的に好き 、犬の血筋で歴史をひもといてみた、という目線が新しく興奮する小説でした)
、夜10時(だったかな?)には就寝しないと、という、1日のサイクルがきちんとしている方のようでした〜、しかしながらビール飲んでました、なんかうれしいです♪
そして司会の小川さんは
本日仙台から来て本日仙台に帰るそうです、これまだ超多忙、相変わらず黒い服着こなしてました。



番組が始まるころ、外は異常な量の豪雨となっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二時間にわたるトーク番組はたいへんおもしろかったです♪

最後には作家の古川さんを しりあがりさんとわたしで羽交い締め?にして 相当クダラナく、和気あいあいと終了しました。


プロジェクト福島、盆踊り、ただようまなびや(校長は古川さん、これ、すごくおもしろそうです♪)、クダラナ庄助祭り、

・・まだまだ福島っていうとな〜んかイメージが暗い感じですかね〜

わたしもテキトーに関わってますから〜


自分たちの生活第一です♪

少〜しでもヒマあったらぜひぜひ


ヒマと無名なら任せてください♪



・・・あ、


あたしヒマじゃあない、

急いで家帰ってひとり飲まなきゃ。




真っ先に帰りました。


あ、もちろん寝なきゃならない古川さんも。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
乾杯、お疲れ様。


雨 すごかったようですね。


渋谷、時空がまた歪んだ一夜でした。
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-27 12:21  

東京20140723

猛暑の朝は早起きだ。


2円切手がないために なかなか出せないでいる封書一通。そろそろなんとかしなくては。

それにしても暑い。


限界だ、クーラーつけよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、パツン とテレビつけたら郷ひろみが写っていて(昔なら平気で 「郷ひろみが〜」 としゃべったりしたものだが 今は <さん>をつけよう とか <写ってらっしゃる> にしようか とか考えてしまう。遠い存在だから<さん>なし でいいよな と考えるが 気の弱い自分と大人になってしまった自分、ここにあり、と少々いやな気になる。)、
となりにフブキジュン(なぜだか さん付けしたくなる)がいたので <団塊世代の〜>番組か と思い、しばらく見いってしまった。

郷ひろみは 毎日ジムでのトレーニングをかかすことなく、デビュー当時からのスタイルを維持している とのことで 嫌みなく堂々と、そして話しは当時のことに流れていった。


・・・だれも何も言いませんでしたからね、僕、アイドルで大忙し と回りのみなさんみなわかってらっしゃいましたからね、僕、カンペ見てましたからね、セリフ、カンペですよ、いろんな所に貼ってね、だあれも怒ってもくださらなかったのです、異常ですよ。」


おそらく テレビ番組<ムー一族>のことであろう・・・樹木希林、伴淳三郎、たこ八郎、伊藤しろう、岸本加代子・・・・・自分の頭の中で次々出てくる…大好きな番組だった・・・・・


郷ひろみは そんな当時のこと、自分で自分を苦しめ、怒り、反省するかのごとくフブキジュンに熱弁していた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、わたしもショックで、郷ひろみがカンペ見ながらセリフをしゃべってた、という新たな目線でもう一度あの<ムー一族>を見たくなってしまい、レンタルした DVD。

見ました。


ショックだったのは相当面白い ということ☆☆☆

ああ、全部見たい


最終回、どんなんだっけ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カズオ イシグロ「浮世の画家」読み終える。

中沢新一「ミクロコスモス」
渡辺京二「逝きし世の面影」まだ途中。


読書量減るし読み続ける気力も減ってきた。

買っただけで読めてない本も・・


ま、読書はわたしにとって大半は気晴らしだ


運動したいし土いじりもしたい



アトピーさえよくなれば、と、



待つ日々。
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-27 11:37  

☆お知らせ★

明日7月24日 19時より、インターネット配信DOMMUNEに しりあがり寿さんと共に出演します〜
クダラナ祭りのことを熱くクダラナく語ろうと思います〜

どうぞお見逃しなく♪
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-23 20:33  

新宿20140722

梅雨明け。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼間、新宿ピットインで待ち合わせ。

新宿ルノワールで8月3日の<スナックダラナ>ライブと称した大宴会の打ち合わせ。

…この日は真っ昼間から あの新宿ピットインが祭り会場となるのです♪

生ビールはもちろん、つまみも充実、福島からソムリエが選びに選んだ夏用日本酒もお得なネダンで売っちゃいます♪

打ち合わせ段階から楽しくなってきました♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、ピットイン対面の居酒屋に移動して まだ明るいうちから梅津さん多田さんと乾杯しました。

…この居酒屋は、30年前からなにかと通っていた居酒屋です、ここで日本酒の旨さを覚えました


今日も日本酒♪


…この、楽器演奏がない時の飲み会、これまためちゃ楽しいのですよ


あっという間に深夜になり、解散しました。


…30年前かあ


ずいぶん大人になりました

梅津さんとはそのもう少しあとに出会いました。

わたしをその気にさせてくれた恩人でもありマス、大事な方です

一緒に笑って飲んで、…不思議だったなあ


不思議なことは大歓迎です

まだまだ不思議な出会いしたいです



みなさん、よろしくお願いいたします☆
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-23 16:52  

浅草20140721

浅草 雷門すぐそばに泊まる。


昨夜は深夜の雷門をちらりと盗み見た。


真っ暗。

浅草はだあれもいなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
浅草の朝。

雷門は外人さんで賑わっていた。


せっかくだから 向島へ行こうと新車走らせた。


<向島珈琲店>は休みだった。

向島ブルース。


頭の中で流れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋田から譜面とお酒が届いた。

<新政>だ、超うれしい。

譜面は <シャンソン>。


夏休みの宿題だな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日は秋田は大館よりさくらんぼが届いた。

そしてその前は山形よりさくらんぼが届いた。

そしてその前は京都で福島産のさくらんぼうを食べた。


もはやわたしの相棒はさくらんぼだ。

うっれしくってカラダが真っ赤っかだ♪


フルーツは季節そのものだ、届けてくれてありがとう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歴史は憎悪の繰り返しかあ…

憎い時こそその季節の、その土地のフルーツでも贈って


気でも狂ったように


微笑みあえないだろうかな
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-23 16:33  

福島20140719

さらに大雨。


段ボールとゴミ袋の森の中。


湿度だらけのこの山の家。



なんとか抜け出さなくては。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あ、明日は花の東京浅草で盆踊りではないか!


そうだ、こんなときこそ踊るんだ



明日はニンゲンがいいな♪



そう心に決めた。

決めてしまえばなんのその。
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-22 12:42  

浅草20140720

早起き。

今日は花の東京 浅草で盆踊り。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
集合時間より二時間も前に到着してしまったので、隅田川のほとりで浅草を眺めた。

川は静かに流れてた。

屋形船はゆっくり進んでた。

時もゆったり流れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
京都のイカした呉服屋さんに浴衣を着付けしていただいた。

メンバーは自前の浴衣を着こなしたり小物を付けたり髪をいじったり…

女楽屋は花魁部屋のよう♪

わたしは郡山市西田地区のお手製<ひょっとこ>を装置した。


みなが笑ってくれ、パワーも付いた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夕方、本番直前突然の豪雨。


盆踊りは室内でやることになった。


雨で見えない、外の会場を目を凝らして見た。


やぐらの回りのちょうちんが寂しく揺れていた。


…あぁ、雨ですねえ。

…止みますかねえ

…大丈夫でしょう

…昨年も大丈夫でしたから


そんな会話があちこちから聞こえ、ゆるゆると室内で盆踊りが始まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
アコスティック楽器演奏による、新作盆踊りを次々にみなで踊る。

本日の目玉は なんといってもラッキイ池田氏振り付けによる<隅田川音頭>♪

♪寿司握ってチョン 寿司食ってチョン ハイ ビール ビール

ってな感じで 振り付けひとつひとつにストーリーがあり簡単で楽しい〜

そしてそして同じく初披露の<クダラナ庄助音頭>♪

ポテチのふたを開けたり閉めたり、股関を隠したり見せたり全裸になったり、みなでクダラナく踊りました♪


最後の<ええじゃないか音頭>で踊りが白熱し佳境になったころ、


雨が静かに止みました。


日が暮れ、川向こうはネオンサインが光ってました。

使えなかった野外ステージの機材を急いで片し終えたPAチームが静かにビール飲んでました。

浴衣姿であちこち立ち話しが始まりました。

…盆踊りはやっぱり夏の社交場、そして男と女の出会いの場です


祭りは終わりました。


明日がやってきます。


隅田川は静かに流れています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
打ち上げは浅草駅前の<つぼ八>。
つぼ八がまだあったことに感動。

そして 浅草駅前によく似合う。

浅草地区を支える<祭り男>たちと意気投合し飲む。

男たちは宴会の最後の方に現れて、

…明日も祭りがあるから


と、床下に潜り眠り込んだ仲間をひとり見捨てて帰っていった。


…福島から浅草へよく来てくれた〜

…車で送っていきます


と言ってくれ、打ち上げ代まで奢られてしまった。



いなせだ、祭り男。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あんなに大勢いた宴会(百人?)は終電時間とともに人々がどんどんいなくなり

六人ほどになった。

ベロベロになってる坂田明さんのマネをして わたしも日本酒飲むことにした。


祭りのあと だ。





どうなってもいいだろう。
[PR]

by madam-guitar | 2014-07-22 12:41