南九州通信

鹿児島、Tボーンの近くのホテルがそれはそれは素晴らしくて、

・部屋に洗濯機がある。
・部屋は広く清潔で一流旅館並みの行き届いた感がある。
・チェックアウトは午前11時。
・4500円、朝食付き。

そして、
その朝食の素晴らしさといったら!

...........................
午前9時半、朝食の時間ギリギリに駆けつけた朝食会場、待ち受けていたのは、

...黒豚しゃぶしゃぶ!

......お待ちしておりました。

と言われ(初老夫妻?二人による)、朝食用に準備されたお椀などが並ぶ席に案内され、

.....お待たせしました。

と、すかさずたったいましゃぶしゃぶしてくれた黒豚とほうれん草を運んでくれた。

回りを見ると、黒豚以外はバイキング(昨日のチェックイン時に、洋食にしますか?和食にしますか?と聞かれ調査済みでわたしの席には和食用のセッティングた。ちなみにどちらにも黒豚しゃぶしゃぶはメインに付く。)であるが、その一品一品がすこぶるいい感じである。

飯、おかわりした。

デザートには手づくりヨーグルト、蜂蜜黒酢添え。

いやいや大満足。

また来よう、このホテル。

.........................
昨夜遊びにきてくれた元奄美の郵便局員(現薩摩川内市の郵便局員。わけあって島流しに合い、奄美に帰れない。)たけちゃんの案内で温泉へ。

ありがとうたけちゃん、めちゃいい湯だった♪

お別れ。

ギターパンダ号で我々は鹿屋市へ。

.........................
鹿屋市ギンガテイ。

いやいや、いい感じでいい演奏いい店いいお客さまありがとう♪

打ち上げは、鍋とかもちろん薩摩揚げとかワオ♪

マスターと共にバーへ移動....

めちゃ寒い夜道を歩いたわけだが、

昼間閑散としていた街が、

ある一角だけめちゃ盛り上がっていて(短い飲み屋街)、

平日だというのにスナックの店先で熱い抱擁してたりキスしてたり、

それがなんだか異国情緒溢れる映画のワンシーンのようで、

一瞬温まりました(めちゃ寒い夜道!)

で、ジャズバー行ってクダラナなマスターと飲んで楽しかったさ~

宿泊したホテルは値段の割りにボロくて、しかも暖房きかなくて(部屋を三回変えてもらいましたが最後にはあきらめました...)、散々だったのですが、

だれも、ホテルのオーナー社長のことを悪く言う人はいなくて(ジャズバーでは話しが筒抜けでみな話しに割り込んでくる)、

しまいには、宿泊した方が悪いのかと思ってしまいました。


いい街だ。

.........................
翌朝、パンダさんに聞いたら、部屋の暖房効かずやはり相当さむかったと言う。

しかし、なんとなくわかった。

この街には悪い人はいない。

いないのだ。


寒いくらいいいではないか!


よくないけどね、旅人ですみません。
[PR]

by madam-guitar | 2018-02-12 20:30  

<< 在庭坂通信 南九州通信 >>