在庭坂通信

f0005333_1771432.jpg

f0005333_1771429.jpg

さあ、あさってからいよいよ新バンド、<ペンペンドンピー>の北上ツアーだ♪

..............................
「在・的・考」

モーツァルトだったかな、ベートーベンだったかなあ、バカボンのパパだったかな...

...閃いたイメージは、頭の中では単なる塊で、

その、閃いた塊を、少しずつ紐解いて糸にしてあらわしたのが音、melody。

つまり、

閃いた塊は、そのまま相手に投げつけても、

ただの固い石であり、


鈍器でしかない。

しかし、

とりつかれた努力によって、塊は色を持ち、流れになって、

美しく、感動を呼ぶ旋律となる。

と、

だれかが言ってたような気がしてふと思い出したのだが、

それは長い間自分の頭の中で違う解釈になってしまったのかもしれない。

とても府に落ちるのであるが、

それならそろそろ現代としては、

そのままその塊を相手にぶつけて、

...そのまま直接感動させることが例えばパソコンなどでできたりしないものか?

いや、


もうそんなことはできている!

ただ、

それは、感動ではなく、ただ単にびっくりさせるだけのことのような気がする。

そして、感動した(させた)ような 気になってるのは、

感情の退化のような気がしないでもない。

ここまで書くと、

もうどうでもいいような気がしてきた。

が、

やり方ばっかり上手くて、ノウノウと生きてるように見える金銭的上層部の人を見てると、


熊が街なかに繰り出すのはよくわかる気がするし、

このところ、猿がじっと睨んでいるのが、

わかる気がするっていうか、


森へ飛び込んでいって、

分かち合いたい気になってくるのだ。

そして、そんなことができなくなってしまった歴史が、

人間の最大の失敗な気がする。


しかしながら、せいぜい巨大なる塊を紐解く努力は続けようではないか!

森に入れるまで、

がんばるぞ~
[PR]

by madam-guitar | 2018-05-16 17:07  

<< 在庭坂通信 在庭坂通信簿 >>