在庭坂通信

「夏2018...33分間」

毎日モヒートを飲もうと心に決めて挑んだ三週間なる北海道ツアー...夏先取りのはずが意外にも毎日寒かった北海道ツアーが終わり、毎年福島街なかが、クダラナい人たちによってクダラナ色に染まるクダラナ庄助祭りが終わり、在庭坂にもたくさんの人が遊びにきてくれて布団を買い足そうと心に決めた夏、東京すみだジャズフェスティバルではパンチの効いたオウケストラで出演、御盆過ぎた少し涼しい風通るなかで「夏に生れたた夏子さん」歌えたこと、スカイツリー見ながらみんなで踊って演奏した盆踊り、そしてだいすきな関内にあるストーミーマンデーにての毎年夏の店主かづきさんの幸せいっぱいのバースデーライブも終了して、

ふと手にしたますむらひろしさんにいただいたアタゴウルの本を開いて閉じたら、

わたしの夏が終わった。

夏休みの宿題の自由研究が終わらない、やる気がないからと、ひたすら野球のすぶりをする10才の甥っ子...今、目の前では昨年晩秋にくも膜下出血から奇跡的に生還したおばあちゃんとトランプをしている夏。

在庭坂の家に飛び込んできた雄のカブトムシを飼うことになって早三週間...眠れない夜は酒を飲みながら二時間も三時間も動きを見つめていたよ夏。

悲しくて忘れたくなった夏、逃げ出したくなった夏、憤慨して荒れた夏、だけどだけどそんな感情はすべて寂しさが出発点なのだと悟った哀れな大人の夏。

目の前で甥っ子とおばあちゃんとで大笑いをしている夏。

...自由研究はやらなくていいの?

と言葉をかけたらきっと憤慨するだろう、だけどこれが30年後だったら、


...そうだよね、とっととやっちまわなきゃ

と素直に思うのかもしれない大人。


刻々と時間が過ぎてゆく。

昨夜のストーミーマンデーでの演奏はブルースタイム...我らのユニフォームTシャツはダリの歪んだ時計だった。

...24時間営業、早朝宴会大歓迎と大きく窓に書かれた錦糸町の中華料理屋で食べた冷やし中華は安くて麺も具も盛りがよく非常に満足した、夏。

朝鮮人大虐殺はきちんと認めてきちんと謝罪すべきなのだ夏。

謝りあって話して話して人と人顔付き合わせて話しあって...

できた、三人で冷やし中華食べよう

...卵が太い、おかあさんと違う

うるせえ、くそガキ!文句言うなら食うな~

と言いたい、理由があるんだ、あそこの冷やし中華やさんの錦糸たまごはね..

と説明したいがしない、よくないなと思う。

言わなくてもわかるってのもいい考え方だ夏。

.......................................
「33分後」

甥っ子とふたりきりになった夏。

...どうしてじゅんちゃんだけこどもがいないの?

と聞かれたので、

..こどもがきらいだから

と答えたら、

...おれ、こどもだし。

と言って泣きそうな顔しながら走って部屋を出ていった。



しばらくして、キッズ携帯からメールがきた。
内容は、

「😒👍🐸🍣☀🏃🏯📱🆖」

だったので、

「👀✌👄🍶㊗😃😋🙅🙇🙆🙆😱❤💙🏃🏃💪🙏💏☀🌈🌔🗻🌏🌊🌹🌼🍂🍁🌸🎒」

と返したら、

「🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸🐸」

と返ってきた。

泣きそうになったのでもう返信はやめて会いにいった夏。
[PR]

by madam-guitar | 2018-08-22 14:24  

<< 在庭坂通信 在庭坂通信 >>