在庭坂通信

f0005333_23124892.jpg

「にょん三郎」

いつぞやの今年の夏、家に飛び込んできて逃げられたカブトムシ、一週間後に洗面所で発見、昆虫かご買ってきて飼うことにした。

名前は「にょん三郎」。

東京にもつれていき、甥っ子には、「四(よつ)五郎」と呼ばれ、アイデンティティー失われたカブトムシ。

黒糖ゼリーを無心で吸っている、ずいぶん大きくなった。

残りものの、賞味期限切れの梅酒ゼリーで代用しなくてほんとによかった、本当に。

夜行性だよね、にょん三郎。

メールなんかしなきゃよかったよね。


ね、よつ五郎。


いてくれてよかった。


今夜は



鈴虫が泣いている。
[PR]

by madam-guitar | 2018-08-27 23:12  

<< 在庭坂通信 在庭坂通信 >>