人気ブログランキング |

にょん日記

長いこと枕元にあった本、中村哲著「アフガニスタンの診療所から」を読む。
中村哲氏はアフガニスタンの復興のためにつくされた方だが何者かによって銃撃されてお亡くなりになってしまった...当時訃報を知り、あらためて中村氏の偉業に感銘、本を購入、そして今読んでいるが、あらためてこの地球の奥深さというか、まだまた知らぬ世界が存在することを知った気になる。イスラムの世界の中のアフガニスタンという特殊な地域、勝手に国境引かれたり勝手に大国の戦いに巻き込まれ戦場となっち殺されたりまさしく不条理というか、ルールという言葉が通じない世界。

思い出す...80年代終わりに、当時日本在住のアメリカ人シンガーの里帰りに同行、アメリカ南部のさまさまな奥地に出向いた...電気の通ってない村...自家発電での冷蔵庫で冷やしたビアのうまかったこと♪、ふつうにピストルを持参しとること、黄色いリボンが街の看板になっていたこと、など、当時の風景がなぜか思い出された、湾岸戦争前のことだったと思う。





by madam-guitar | 2020-05-29 14:50  

<< にょん日記 にょん日記 >>